This Category : 自分のこと

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

「3歳児神話」

2010.03.31 *Wed
“蹴り”の一件後、ヤツは自分のしたことを謝りもせず、
笑って水に流そうとするので相変わらず飯ぬきの刑。
なのでジェヨンと二人の食卓。

昨日はエビフライを作った。
あまり揚げ物を作らない私にとってはかなり頑張った方で、
自分で自分を褒めてあげたくなったのに、ジェヨンの反応は最悪。
じっと座って食べず、パソコン部屋に行っては
ヤツが食べてるラーメンをほしがる始末。

今思えば、きっと私たちがケンカしてるのを気にしての行動なんだろうけど、
“せっかくジェヨンのために作ったのに”とイライラしてしまう。
“もう食べんでいい!”と怒鳴り声も不機嫌な顔も。

こんな時、ジェヨンは「ジェヨン、好き?」と聞いてくる。
心の狭い私は怒っていると上手く答えられない。

そういえば幼稚園くらいの頃、私も母に「kikiちゃんのこと好き?」とよく聞いたものだ。
母からの愛情に飢えていた記憶はないんだけどなぁ・・・。
専業主婦とはいえ、2つ下の双子の弟がいる家庭で、
自分でも気づかない不安がそう言わせていたのか・・・・・。

昨日、何気なくネットで見つけた「三歳児神話」という言葉。
子供は三歳頃まで母親自身の手元で育てないと
その子供に悪い影響があるという考えを指す。

「三つ子の魂百まで」ともいうし、3歳までが大切だとは知ってた。
でも、ケンカばかりしてる毎日では専業主婦になろうとは思えなかった。
いつ離婚しても生活していけるように経済的な自立が必要だと思ってる。

でも、この言葉には今更ながらガーンとした。
ジェヨンが育てにくいのは、私が働いているせいで、
やっぱり愛情不足から来るものか・・・・。
自分で薄々感じていたことをズバリ指摘された感じ。

周りの日本の友達のことを考えてみる。
どの友達も子供が小さいうちは専業主婦で自分で育てている。
布団の中でいろんな思いが頭をよぎる。

ふと、中国人家庭を思った。
男女平等、共働きの中国人ママたちは、何ヶ月かの産休が終われば職場復帰し、
育児は自分の親やベビーシッター、保育園が当たり前。
中には、親元に預けたままで週末しか子供に会わない家庭もある。

それでも彼女らは自分で育児をしてないことを悩んだりしない。
それはみんながそうだから。

日本も韓国も母親は専業主婦が当たり前。
だからそうゆう目線でしかモノを見ない。
子供が他の子と違っていたら、それは母親が働いているからだ、と決め付ける。

そう考えると気持ちが楽になった。
中国に救われた(笑)。



スポンサーサイト
COMMENT (8)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

大晦日

2010.02.13 *Sat
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
EDIT | 

第三国での生活

2010.02.02 *Tue
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
EDIT | 

喜びと悲しみ

2010.02.01 *Mon
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
EDIT | 

楽しさと隣り合わせの不安

2010.01.11 *Mon
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
EDIT | 

フリージアクラブで感じたこと

2009.12.12 *Sat
今日のフリージアクラブは平日クラスの子達と一緒の授業。
これを聞いたとき、正直、逃げたい気持ちになった。

先日の早退電話もそう、こないだはクラスの子を
何かで叩いたとか・・・・・・。

こんなジェヨンを参加させていいものか?
なので、朝、ジェヨンを預けるときに、
「今日はたくさんの子供達がいるので、手に余るようでしたら
電話して下さい。迎えに行きます。」と言っておいた。

電話はかかって来なかった。
ちょっと早めに迎えに行って、外から中を覗くと、
先生に抱っこされて頭を押さえてる子がいた。
もしや・・・・・・ジェヨンがまた何か悪さをしたのでは・・・・・。
当のジェヨンは別の先生に違う場所で抱っこされてた。
好き勝手行動させないために、抱っこされてるのでは・・・・・。

気分が落ち込んできた。

子供達が出てきた。
先生から「お話があるので少し残って下さい」と言われた。
やっぱり・・・・・・・。

同じ年頃の子たちと遊ぶのはあまり好まないようです。
今日は年長の、特にお姉ちゃんにくっついて一緒に行動してました。
可愛がられてましたよ。
幼稚園での保育は、先生が「○○をします!」と決め、
ジェヨン君がそれに合わせてくれている状態なので、
気分が乗らないと、教室から出て職員室に入ったりしますが、
それは普段のフリージアでは子供が少ないので、
一緒に遊ぶ子を選ぶことが出来ないので、
一人で行動してしまうのでしょう。
そして、嫌なことがあったりするとまだ言葉で表現出来ないので
物を投げたりするようです。
いろいろご心配されているようですけど、大丈夫ですよ。


と、こんなお話だったと思う。
気が緩んだのと、感謝の気持ちでいっぱいで、ちょっと泣きそうになり、
肝心の内容を上手く頭の中でまとめることが出来なかった。
(私もADHDか?)

やはり、ジェヨンが投げた物が当たった子がいたようで、
でもそれは子供を預かって保育してる幼稚園の責任です、と
おっしゃって下さいました。
感謝の気持ちで頭が下がります。。。。



“他の子と同じように何で行動出来ないの?”
他人からそう言われると、悲しみや怒りを感じる私。
でも一番そう思ってるのは私自身なんだよね。

普通の育児を夢見てた。
ゴハンを座って一緒に食べて、寝る前には絵本を読んで・・・
それなのに、何でアンタにはそれが出来ないの?

普通、普通、普通、普通、
普通からはみ出せない私は、個性がある人に憧れる。
でもジェヨンの個性を尊重してやることが出来ず、普通が羨ましい。

なんか矛盾。


COMMENT (10)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

回帰

2009.09.10 *Thu
今回の一時帰国は十数年前のバイト仲間での同窓会や、
幼稚園から高校まで住んでた場所に行ってみよう、とか
自分を振り返りたくなった。

9/5(日)、高校卒業から留学まで住んでいた茨木でF同窓会。
みんなを見て、20代から40代ってそれほど老けないんだなぁ~という感想(笑)。
私が一番老けた、と思われてたりして(苦笑)。

9/10(木)、地元の友達と会う前に、ジェヨンを連れて川西巡り。

P9091457A.jpg

超ローカルネタ、昔住んでた家から売店「村川さん」に行く途中の道(笑)。
きっと、地元の友達もどこのことが分からないよね(笑)?
小学生時代は友達の家に行くために通ってた道、
高校生時代はバイトに行くために自転車で通ってた道。
今、行って見るとこんなに狭い細い道だったんだぁ~とびっくり。

前に住んでいた家は今は別の人が住んでいて
ベランダが付いたりして家の外観は少し変わったものの、
大半は昔と同じまま。すごくなつかしい~。

その後は私が通った小学校へ。
隣り合わせで2つあった小学校が統合され、名前が変わったものの、
運動場の遊具なんかはそのまま。
(中に入れないので、柵の外から覗いた)

続いて、小学校低学年のときに亡くなったおばあちゃんの団地へ。
3人姉弟で母が子育てに忙しかったからか、毎週末、弟と交代で
おばあちゃんちに泊まりに行ってた。
日曜日の朝、おばあちゃんと一緒にスーパーに行って
塗絵か着せ替えを買ってもらい、焼き鳥を1本買ってもらうのが楽しみだった(笑)。
同じ団地に住んでた“やっちゃん”とよく遊んだなぁ~。

P9091462.jpg

オンマはこんな所で育ったんだよ、ってジェヨンに見せたかった。
(何の反応もなかったけどね・・・・)

海外に住んでいるから余計にそう思ってしまうのか、
いまの年齢がそう思わせるのか。
今回、F同窓会で会ったロス在住のSさんも同じようなことを言ってたなぁ。

どこで生活しててもやっぱり私は日本人なんだとあらためて思う。



COMMENT (6)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

潜在意識

2009.08.26 *Wed
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
EDIT | 



プロフィール

kiki

Author:kiki
日本関西人
1994年 覇王別姫~さらばわが愛
~を見て中国に初めて興味をもつ。
同じ頃、ホワイトバッジを見て
韓国にも初めて興味を持つ。

2000年8月 中国留学
2003年8月 現地採用で就職
2005年12月 日韓ハーフの息子
ジェヨンを中国で出産
2009年現在 国際結婚、子育て
の難しさを実感する日々。。。



いくつになったの ver2



月別アーカイブ



ブログ内検索



Copyright © 中国在住★日韓家族日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。